くくりぽ。

日々のゲームのあれやこれ、たまに日常を絵日記風に。

【ゼノブレイド2】徒然と綴る 2

f:id:kukripo:20180516232359j:plain

本日も、ゼノブレイド2について、徒然と書いていこうと思います。
TOPの画像は、ルクスリア王国の秘境・絶景ポイント「空中宝座」から王都を望んでいる姿を撮ったもの。
本当にね、行くまでが大変でしたよw
スクショでは伝えられない眺望で、ぜひ直接ゲーム内で見てほしいなぁと思っています。

今回は、さらにネタバレガンガンで、かつ画像も多めですので諸々ご注意を。

楽園を目指して

f:id:kukripo:20180516232406j:plain

敵であるイーラの戦艦と、味方だったのに敵になっちゃったアーケディア法王庁の神獣の一騎打ちを眺めるレックス君。
ちなみにアーケディアの名前の由来は、七つの大罪の1つである「怠惰」のラテン語読みだとか。
神獣がこの状態ですから、当然アーケディアには行けなくなってしまい、スクショを撮りそこねたのが残念。

f:id:kukripo:20180516232409j:plain

イーラの戦艦が巨大ロボになりましたよ。
というか、世界樹へ来てからは、ファンタジー色からSF風味がかなり強くなります。
そもそもゼノシリーズが、宇宙も舞台にした壮大なものですからね。
たまらない人にはたまらないと思います。

この前後の物語は、敵であるはずのイーラのキャラの株が爆上げ状態。
強くて優しくて、でもとても悲しい男たちの物語は、ゼノブレイド2の見せ場の1つでしょう。
また後日、機会があれば語りたいところです。

楽園へ

f:id:kukripo:20180516232348j:plain

熱く悲しい物語を超えた先は、なんと宇宙空間でした。
スクショ右上にも出ているように、ラダマンティスというところ。
ラダマンティスの名前の由来は、ギリシャ神話に出てくる伝説の政治家で、冥界の審判者にして、エーリュシオンの長からきているのかなと。
エーリュシオンはギリシャ神話の死後の楽園のことで、この先の展開を考えると意味深です。

f:id:kukripo:20180516232349j:plain

ガラス張りの床。
高所恐怖症の方は、膝ガクガクものでしょう。
ガラス張りとはわかっていても、当初は恐る恐る進んだ私のチキンぶりよw

f:id:kukripo:20180516232347j:plain

平面ディスプレイに映し出される風景は、レックス君やホムラちゃんがみた楽園の風景そのものです。
この光景をどう見るかは人それぞれですが、私はどうにも嫌なものを感じてなりませんでした。

そして、その予感は当たります。

f:id:kukripo:20180516232345j:plain

ここが、レックス君とホムラちゃん達が目指した楽園の姿です。
優しく平和な青い空も、瑞々しくなびく緑の草原も、生き生きとした大木もありませんでした。

f:id:kukripo:20180516232351j:plain

この空は人工的に作り出されたものでしょう。
24時間、ずっとこれです。

f:id:kukripo:20180516232350j:plain

給水塔です。逆光になって見辛いw

f:id:kukripo:20180516232352j:plain

廃墟好きにたまらんかもですが、延々とこれが続くんですよ。
最初はテンションが上がるのですが、ロケーションの広さに比例して寂しさがいや増す感じです。
空の色もあかんですよ。どう見ても悲しくなる色じゃないですか。

こういう巨大な人工構造物の廃墟は滅びの美しさもあるのですが、やっぱりヒトと自然と共にある姿が私は好きかな。
全部が全部、無機質なのもキレイなんだけど、有機物が混じって汚さと温かさがあるのがいい。
……何言ってるんだかw

物語としては、ここから先はラスボスへ向かうことになります。
楽園に来てからストーリーに夢中でスクショ撮りそこね続けていたので、楽園も含めてまたスクショを撮りに行きたいです。

次回予告

f:id:kukripo:20180516232346j:plain

楽園から先、ラスボスへ向かう道中にて。全面ガラス張りw

次回は風景以外にも、色々書いていきたいと思っています。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

★画像の無断転載は禁止します。またブログ内のゲームの画像に関して、著作権は各ゲーム会社に帰属します。