くくりぽ。

日々のゲームのあれやこれ、たまに日常を絵日記風に。

【DQ11】プレイの感想(前編)

f:id:kukripo:20180125215505j:plain

DQ11のプレイ日記ですが、さすがにもう旬を外したのと、全てクリアしたことで熱が冷めたこともあり、今回と次回の記事で締めようと思います。
続きを書くと言いながら、発言を違えることになってしまいました。
ごめんなさい。

SS、ブログに載せようと張り切って撮ったけど、もったいないことしちゃったなw
せっかくなので、思い出に残った画像を載せつつ、徒然と語ろうと思います。

全面的に賞賛するものでもないので、ちょっとでもネガティブ要素を嫌う方はバックホームでお願いします。
また、ネタバレを嫌う方も十分にご注意を。

 UI

f:id:kukripo:20180125220158j:plain

主人公君の真面目な顔にジワジワくるものがあるw

シリーズ通してのお馴染みのUIでしたが、さすがに使い慣れていることもあって、やりにくいということはなかったです。
すでに古臭いとも言われていますが、DQと言ったらこのUIでしょう。
今後シリーズが続く中で、このUIが撤廃される可能性も十分に考えられます。
しかし、年をとっていくにつれて複雑な操作はノーサンキューとなる未来、DQシリーズには老若男女が楽しめる設計であることを願っています。

BGM

f:id:kukripo:20171009034537j:plain

DQ10では、これと似た方がレイドボスだと風のうわさで知りました。

新曲が少なく、過去のBGMを使いまわしていたようですね。

音楽/DQ11 - ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

そのせいなのかはわかりませんが、実はあまり印象に残っている曲がありません。
ゲームをしていると、必ず1つは印象に残る曲があるのですが、今回はそれがありませんでした。
うーん、良かったのか悪かったのかw

フィールド

f:id:kukripo:20171009034528j:plain

お気に入りの場所の1つです。

PS4でやりましたが、風景の美しさは抜群でございました!
素晴らしいの一言。
情報量が過去でも1番多いのではないのでしょうか。

f:id:kukripo:20180125222856j:plain

お気に入りの場所、その2。こんな場所で隠居生活したいw

スクショを撮りまくっていたせいで、クリアに恐ろしく時間がかかってしまいましたw
あと、今では主流になりつつあるオープンワールドではありませんでしたが、それでも世界がとても広く感じられた作りは凄い!
本音を言えば、最初に公開された世界マップを見て、あれ? 狭くね? と思っていましたが、全然そんなことはありませんでした。
過不足なく、ぎっしりと詰まった素晴らしい塩梅です。

この世界で冒険できて、本当に楽しかったです ヾ(*´∀`*)ノ

キャラクター

冒険した全キャラを簡単に触れます。少し長いよ。

f:id:kukripo:20180125224751j:plain

個人的には、幼馴染ちゃんよりも彼女と結婚してほしかったw

仲間になるキャラで、苦手なキャラはいませんでした。
みんないいキャラばかりで、本編中盤でベロニカちゃんが抜けた時は本当にショックでした。
エマちゃんもいい子なのはわかるけど、ぼんやりおっとりな主人公君を尻にひく元気に背中を押してくれるベロニカちゃんが好きです (´∀`)

f:id:kukripo:20180125225638j:plain

主人公君の嫁、彼女でもいいんだけど、グレイグさんとのコンビも捨てがたい。

マルティナさん、見た目はきつそうなアスリート系かと思いきや、主人公君の前では年頃の娘さんらしい柔らかさと弱さ、そして心の優しいお姫様でしたね。
あるイベント以降は、ちょっと怖くなったけどw

f:id:kukripo:20180125230358j:plain

ショートカットバージョン、好きです (´∀`)

セーニャちゃんは本編において、悲しみを乗り越えて、お姉ちゃんの分まで頑張る姿が好きでした。
お姉ちゃんがいた頃の、ほんわかおっとりも良かったのですが、キレイで凛々しくて、でも、物腰の柔らかくて、楚々とした育ちの良さもちゃんと残っていて、ステキな女性だなって思っています。
あとやっぱりオデコw

f:id:kukripo:20180125231848j:plain

意外に癖がなく、いい兄貴分だったカミュさん。

主人公君の良い兄貴分だった彼は、実は本当に妹持ちのお兄ちゃんでした。
なるほど、面倒見の良さが板についているわけだw
主人公君のやり取りよりも、ベロニカちゃんやシルビアとのやり取りが楽しかったですねw
バトルに関しては、彼がいると何かと楽しかったですw

f:id:kukripo:20180125232445j:plain

このシーンは、かなり胸に来ました (´;ω;`)

ギャグもシリアスもこなすお爺ちゃん。
彼無くして、私のドラクエ11はありえません。
詳細は、ストーリーとともに次回に語ります。

f:id:kukripo:20180125233415j:plain

この方の本名が好きですw あとパパも好きw

以前のDQ11の記事で触れましたが、ジェンダーの件で個人的にちょっと微妙な印象がついてしまったシルビアさん。
でも、シルビアさんの性格は本当に良くて、暗くシリアス雰囲気になりがちな本編後半において、DQらしい良いガス抜きキャラとなりました。
そして戦闘においては、彼のハッスルダンスに幾度となく助けられました。
冒険中も戦闘も、オールマイティにサポートできる旅芸人、侮りがたし!

f:id:kukripo:20180125234036j:plain

冒険中でも鍛錬を欠かさないグレイグさんの1シーン

まさかの参戦とは意外でした。
彼との二人旅もギスギスするかと思いきや、共闘したこともあってか程よく打ち解け、仲間が増えるに従って彼の意外な一面も垣間見ることができ、本編においてはベロニカちゃんの穴をしっかりと埋めることができました。
しかしまさかのむっつり枠だったとはw

次回予告

f:id:kukripo:20180125225534j:plain

衝撃の一冊!w

長くなりましたので、ストーリーと全体の感想などは、次回の後編で語りたいと思います。
ここまでお読み頂き、ありがとうございました!

★画像の無断転載は禁止します。またブログ内のゲームの画像に関して、著作権は各ゲーム会社に帰属します。