くくりぽ。

日々のゲームのあれやこれ、たまに日常を絵日記風に。

【DQ11】ユグノア城とその風景

f:id:kukripo:20171003215121j:plain

ゆっくりと自然の中へ溶け込む途中のユグノア城の風景から始まりました、DQ11の風景日記です。
ヒトが短い時間で自然を切り開き、そこに社会や文明を築くわけですが、でもそれはヒトがいるから維持できるもの。
ヒトが手を加えたいわゆる人工物というものは、ヒトが手をかけ続けないと容赦なく自然へと戻っていきます。
ヒトの営みの整然とした輝きと儚さと、グロテスクで圧倒的な自然の姿を感じ取れるのが廃墟の魅力ではないのかしら? とか思ったりします。

さて、今回は、廃墟と化したユグノア城を中心に綴っていこうと思います。
ムービーのSSを使用している箇所があるため、ネタバレを嫌う方はご注意を。

ユグノア城跡

f:id:kukripo:20171003215122j:plain

ユグノア城へ入りました。
暫く進むと、訳ありな石碑が。

f:id:kukripo:20171003215120j:plain

石碑は、主人公君のご両親のお墓でした。
このお墓のところで、この後仲間になるロウと出会います。
彼の後に続いて、城の奥へ。

f:id:kukripo:20171003215123j:plain

城跡の山道で、野生のうさぎと遭遇。
国が滅びて16年。ゆっくり確実に城が建つ前の自然へと戻っていっているようです。

f:id:kukripo:20171003215124j:plain

f:id:kukripo:20171003215125j:plain

ユグノアの民と家族のために儀式を行いました。
ロウは元々はこの国の王様です。
この国に生まれ、この国で育ち、この国を治め、滅びの姿を見てきた彼の胸中はいかばかりでしょうか。

ユグノア城跡、周辺の風景

f:id:kukripo:20171003215126j:plain

色々あって、山小屋に来ました。

f:id:kukripo:20171003215127j:plain

彼女はマルティナさん。
赤子だった主人公くんを守れなかったことを悔やんでおりました。
でもそれは仕方ないと思うんだ。彼女も本当なら守られるべき子供だったのですから。

f:id:kukripo:20171003215128j:plain

儀式の後に雨が降り出しておりましたが、今はすっかり晴れておりました。
滝だー。

f:id:kukripo:20171003215129j:plain

橋だー。

f:id:kukripo:20171003215130j:plain

この後、またイベントがありまして、ロウとマルティナが仲間になりました。
これでゲーム前に紹介されていた仲間キャラが全て揃いました ヾ(*´∀`*)ノ
それにしてもマルティナさん、さすがDQ11のお色気キャラだけあって胸が大きいですなw

f:id:kukripo:20171003215131j:plain

仲間が揃い、新たな地へと旅立つことになりました。

次回予告

f:id:kukripo:20171009034500j:plain

次回はソルティコの町をじっくり探索したいと思います!
ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

★画像の無断転載は禁止します。またブログ内のゲームの画像に関して、著作権は各ゲーム会社に帰属します。