読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くくりぽ。

日々のゲームのあれやこれ、たまに日常を絵日記風に。

【FF15】過去に戻って探索

FF15

f:id:kukripo:20170213225039j:plain

イグニスのドヤ顔?で始まりました、FF15のゆるいプレイ日記です。

今回は、過去に戻って探索をしたので、そのことを綴ろうと思います。
メインストーリーを進めてしまうと、しばらくの間は探索ができなくなるからなんですね。金策とレベル上げをしたかったら、今のうちということで。

画像が多くてネタバレを一切考慮していない通常運転ですので、ネタバレを嫌う方は十分にご注意を。

帰してくれんかぁ、レスタルムに帰してくれんかぁ

f:id:kukripo:20170213224125j:plain

リード地方にある「クラストゥルム水道」というところにやってきました。
シドニーちゃんに「王都製ヘッドライト」を取ってきてほしいと頼まれたからです。
特に断る理由もなかったので行くことにしました。

f:id:kukripo:20170213224128j:plain

楽しそうだね、君たちw
しかし余裕があったのもここまでです。

f:id:kukripo:20170213224126j:plain

f:id:kukripo:20170213224127j:plain

f:id:kukripo:20170213224123j:plain

中はシガイだらけw
しかも、内部は水道と謳うだけあって足元が滑りやすい上に、だいぶ古くなっているらしく床が抜けて落下したりと、散々な目にあいました。
操作を誤って落下して大ダメージを受けた時は、流石に帰りたくなりましたw

f:id:kukripo:20170213224124j:plain

どうにかライトを発見し帰還。
あれだけ派手に戦ったり、滑ったり、転んだり、落ちたりした割に、服や顔の汚れが大したことないのはどうしたことだ。
シドニーちゃんがお願いしていたヘッドライトは、装着すると夜間のドライブでシガイに襲われなくなるという効果があります。
シドニーちゃんは、ノクト君たちが夜間のドライブをすることに心から心配し、安全に旅をしてほしいという気持ちから、この依頼をしたことがわかりました。いい娘さんやで (ノД`)

台無し

f:id:kukripo:20170213224132j:plain

f:id:kukripo:20170213224133j:plain

なのに、ヘッドライトをつけるのを忘れて、夜道のドライブでシガイに襲われましたw
そして、優雅に座り込んでいるゲンティアナさんの姿がw

潜入、フームス基地

f:id:kukripo:20170213224129j:plain

リード地方を探索中、フームス基地でのクエストが発生しました。
毎度のことですが、夜を待って基地に潜入です。

f:id:kukripo:20170213224130j:plain

早速のゲンティアナさん。

f:id:kukripo:20170213224131j:plain

当然基地内では、帝国軍の魔導兵の皆様がお出迎えをしてくれました。
クエスト自体はあっけなくクリアしました。

オイオイ、何処だよ、ここは(●泉洋)

f:id:kukripo:20170213224135j:plain

ダスカ地方の「ドロール洞窟」というところです。
本当は、モンスの討伐がメインだったのですが、近くに洞窟があることが判明したため、ついでに探索をすることにしました。

f:id:kukripo:20170213224134j:plain

最初のうちは何てことなかったんですけど。

f:id:kukripo:20170213224140j:plain

f:id:kukripo:20170213224138j:plain

当然敵が出てくるんです。しかも、奥へ進むと毒の水たまりがいたる所にあって、これが中々いやらしい。

f:id:kukripo:20170213224137j:plain

さらに、敵が様々な状態異常攻撃を仕掛けてきます。プロンプト氏、石化していますねw

f:id:kukripo:20170213224139j:plain

ガードしているノクト君。
ノクト君もそうですが、プロンプト氏も良い仕事をしていますな。

とりあえず、この洞窟の探索も無事に済ませました。

f:id:kukripo:20170213224141j:plain

おしまい。

次回予告

f:id:kukripo:20170213224142j:plain

次回はメインストーリーを進めます。
礼服に着替えたノクト君の向かう先は首相官邸
王子としてでなく、王様としての初仕事。無事に終えることができるのでしょうか。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

★画像の無断転載は禁止します。またブログ内のゲームの画像に関して、著作権は各ゲーム会社に帰属します。