くくりぽ。

日々のゲームのあれやこれ、たまに日常を絵日記風に。

【FF15】スチリフの杜へ(前編)

 

f:id:kukripo:20170130222028j:plain

良い風景の中でポーズを決めているグラディオラスの画像で始まりました、FF15どうでしょう的なゆるーいプレイ日記です。
グラディオラス、体格がとてもいいので絵になるスクショが本当に多いです。

前回までは第6章までの日記でしたが、今回から第7章、メインストーリーを進めて参ります。
画像が多い上に、ネタバレを考慮しない内容となっておりますので、ご覧になる際は十分にご注意を。

グラディオラス離脱!

f:id:kukripo:20170130222029j:plain

第7章へ入る手前で、グラディオラスが離脱しました。
理由は「ちと出かけてこようと思う」とのこと。道中で、色々思うところがあったのでしょうか。
ノクト君はグラディオラスを信じ、快く送り出しました。

そして第7章。
船の整備に必要なミスリルを求めて、ヴェスペル湖にある遺跡「スチリフの杜」へと向かうことになりました。

f:id:kukripo:20170130215707j:plain

現在地はカエムの岬。
スチリフの杜はその正反対の位置にあります。
移動については、第7章が始まった時点でヴェスペル湖に向かっている状態なので、さほど時間はかかりません。

三人でのヴェスペル湖探索

f:id:kukripo:20170130215648j:plain

物語が始まると、問答無用でノクト君が運転することになっていました。

f:id:kukripo:20170130215658j:plain

ノクト君の運転に目が虚ろなイグニス

f:id:kukripo:20170130215659j:plain

途中、帝国軍が検問をしていましたが、強行突破しました。

f:id:kukripo:20170130215700j:plain

戦い終わった後はオートドライブに出来たので、運転をイグニスにチェンジ。
心なしか笑顔のイグニス

f:id:kukripo:20170130215649j:plain

f:id:kukripo:20170130215650j:plain

そうこうしているうちに、ヴェスペル湖が見えてきました。

f:id:kukripo:20170130215651j:plain

f:id:kukripo:20170130215653j:plain

舗装されていない道を進み、ようやくヴェスペル湖に到着。
清々しい風景です (´∀`)

f:id:kukripo:20170130215652j:plain

グラディオラスがいないので、当然3人での記念撮影。ちょっとさびしい。

f:id:kukripo:20170130215701j:plain

f:id:kukripo:20170130215654j:plain

f:id:kukripo:20170130215655j:plain

湖があるってことは、とうぜん釣り場もあります。
この日は探索と釣りをして終了しました。

f:id:kukripo:20170130215656j:plain

f:id:kukripo:20170130215657j:plain

大きく切り分けられたシフォンケーキ。美味しそう ( ´∀`)

f:id:kukripo:20170130215702j:plain

翌朝からスチリフの杜に向かいつつ探索。
すると、廃車でないキレイな車を発見しました。てか、この車、どこかで見たことあるような。

f:id:kukripo:20170130215704j:plain

プロンプト氏も撮っていました。ついでに、いつものゲンティアナさん。

そして、道なりに進んでいくと、車の持ち主、アーデンと遭遇しました。
アーデン? 誰それ? なんて人もいるでしょうから、過去の画像を貼っておきますね。

f:id:kukripo:20161223192705j:plain

コイツです。厚着でインドア派のうさんくさい帝国の宰相。
そもそもこのヴェスペル湖周辺は、帝国軍の監視下に置かれていました。
しかし、彼が口を利いてくれたおかげで、すんなりとスチリフの杜へと行けるようになり、何と仲間まで用意してくれたのです。

f:id:kukripo:20170125212224j:plain

その仲間とは、あの強くて体の一部がボリューミーな准将、アラネアさんです (´∀`)
うさんくさい野○ひ○しかと思いきや、中々気が利くではありませんか。
まあ、何かしらの思惑はあるのでしょうけど、仲間が増えるのは嬉しい限りです。

f:id:kukripo:20170130215703j:plain

メニュー画面にも、グラディオラスがいない代わりに、アラネアさんが登場していました。

f:id:kukripo:20170130215705j:plain

プロンプト氏、嬉しかったのでしょうね。
ちゃっかりツーショット写真を撮っておりましたw こやつめハハハ!

f:id:kukripo:20170130215706j:plain

スチリフの杜への入り口は、昼間は閉ざされており、夕方の時間帯にのみ扉が開きます。
それまではアラネアさんと適当に散策しつつ、時間を潰すことにしました。

次回予告

f:id:kukripo:20170130222030j:plain

次回は、いよいよアラネアさんとスチリフの杜を探索します。
ここまでご覧いただき、ありがとうございました! (´∀`)

保存

保存

★画像の無断転載は禁止します。またブログ内のゲームの画像に関して、著作権は各ゲーム会社に帰属します。