くくりぽ。

日々のゲームのあれやこれ、たまに日常を絵日記風に。

chapter6、旅の準備をしましょう

f:id:kukripo:20161229023614j:plain

持ち運びが簡単。何年も保存ができ、お湯を注ぐだけでお腹を満たせる。そこそこにお手頃価格。今や世界中の至る所で食べられている20世紀の日本が誇る発明品が、まさか次元を超えて普及しているとはw
グローバルフードの画像で始まりました、FF15のゆるいプレイ日記です。
カップラ、無性に食べたくなる時がありますw

f:id:kukripo:20161229023615j:plain

キャンプでカップラを食べる図。
グラディオラスの好物だったりしますw

さて今回は、メインストーリにも触れますが、テキスト少なめ画像多めの、探索メインの日記です。
メインストーリーに触れるので、しっかりネタバレしております
読み進めるのなら、覚悟決めてどうぞ。

悲しい出来事がありました

f:id:kukripo:20161224235708j:plain

レガリアを取り戻してレスタルムの街にたどり着けましたが、街の様子がおかしい。ホテルに戻って、イリスちゃんと合流しましたが、悲しいお知らせを聞くことになりました。

f:id:kukripo:20161217151328j:plain

何と、帝国軍がやってきてジャレットさんを殺したというのです。
前回までイリスちゃんと連絡が取れなかったのも、帝国軍がいた上に、ジャレットさんを目の前で殺されたショックが大きくて連絡ができなかったのではないかと思われます。
タルコット君も辛いだろうに、健気に振る舞っておりました。

道中、王様の力と神様の力を手に入れて、その先どうするのかと聞かれた時、ノクト君は、帝国軍を倒すとフワッとノリで答えていました。
しかし、悲しみ嘆くイリスちゃんとタルコット君の姿を見て、ノクト君は帝国軍の打倒を、ここで初めてはっきりと示したのでした。

婚約者のルナフレーナちゃんに会うためには海を渡る必要があります。
そのためには船が必要。そして船は、カエムの岬というところにあるそうで、イリスちゃんと一緒に向かうことになりました。

しかし、どんなに悲しみに暮れようとも、それを乗り越えて決意を固めても、散文的だけど切実な問題は問答無用にやってくるのでした。

お金は大事!

ドラクエ10では腐心した金策。まさかここでも付きまとうことになろうとは。
メインストーリーを進めるのは一時ストップし、サブクエストと討伐クエストをこなして、お金を稼ぐことにしました。

f:id:kukripo:20161229023616j:plain

f:id:kukripo:20161229023622j:plain

雑誌に載せる写真を撮りに行くクエストがいくつかあります。今回は王家の墓でした。

f:id:kukripo:20161229023620j:plain

f:id:kukripo:20161229023621j:plain

f:id:kukripo:20161229023619j:plain

討伐クエストもこなします。全てはお金のため!

f:id:kukripo:20161229023623j:plain

討伐クエスト中に立ち寄った廃墟。雨が降っていることもあって、ちょっぴり不気味。

f:id:kukripo:20161229023624j:plain

召喚の瞬間をやっと撮ることができました。
FFシリーズおなじみ、ラムウです。

f:id:kukripo:20161229023626j:plain

f:id:kukripo:20161229023627j:plain

夜は本当に真っ暗。明かりを見るとホッとします。

f:id:kukripo:20161229023628j:plain

給油中。

f:id:kukripo:20161229023629j:plain

f:id:kukripo:20161229023631j:plain

f:id:kukripo:20161229023633j:plain

f:id:kukripo:20161229023634j:plain

再び討伐をしたり、釣りしたり、金策中だと言うのに高いご飯を食べたりしていました。
だって、美味しいご飯でも食べないとモチベが保てないんだもんよ (´・ω・`)

f:id:kukripo:20161229023632j:plain

おしまい。

次回予告

f:id:kukripo:20161229023635j:plain

次回は、メインストーリを進めます。
グラディオラスの妹ちゃんと一緒の旅です。やっと女の子と旅ができますよw

ここまでご覧いただき、ありがとうございました (´∀`)

保存

★画像の無断転載は禁止します。またブログ内のゲームの画像に関して、著作権は各ゲーム会社に帰属します。