読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くくりぽ。

日々のゲームのあれやこれ、たまに日常を絵日記風に。

chapter4、大きな神様、こんにちは

f:id:kukripo:20161223033110j:plain

前回の記事の時に触れませんでしたが、レガリア(車のこと)のカラーリングを変えました。ハンマーヘッド仕様なのですが、まるでレースに出るような車になりましたw
個人的にはデザインも色合いも好きな部類です (´∀`)

仕事で、車のレースがらみのサイトを担当したことがあるのですが、その時のことを思い出しました。仕事は本当に大変だったけど、今となっては良い思い出であり、大切な糧でもあります (´∀`)
こういう車のデザイン、やってみたいけど機会もなければ経験もないから、手が動かないだろうな。たくさん見て、いっぱい吸収しなければ! (๑•̀ㅂ•́)و✧

話が逸れました。
今回は、メインストーリーを進めてまいります。
ネタバレ上等の内容になっておりますので、ネタバレをしたくない方は、今すぐにお引き返しいただきたく。
そうでない方は、しばしお付き合いくださいませ。

ドライブをするぞ!

f:id:kukripo:20161223042356j:plain

地震が起きてから、謎の頭痛に悩まされるノクト君。
頭痛の最中に、カーテスの大皿のビジョンが見えたので、もしかしてそれが関係あるのかも?
そんなわけで、レスタルムの展望公園に向かったところ、警察官だったらすぐに職質をしたくなるであろう男に遭遇しました。
レスタルム、とても蒸し暑いそうですが、暑くないのかね? 意外に通気性の良い服なのでしょうか? 外面からしてツッコミどころ満載の自称一般人の男との再会です。
名前はアーデンというそうです。

なんかごちゃごちゃと話していましたが、カーテスの大皿に一緒に行こうということになりました。
え、お前なの? 初のドライブが、イリスちゃんやシドニーちゃんとじゃなく、お前となの?

ウィーアーオールマン!(by○泉洋)

問答無用でドライブに出発です。

f:id:kukripo:20161223192720j:plain

ちなみに場所はこちら。
現状は十分に時間があるので、ゲーム時間内でも1日とかからずに到着できるでしょう。

f:id:kukripo:20161223192702j:plain

どう見ても気がノッていないノクト君。

f:id:kukripo:20161223192704j:plain

このドライブ中は、オートドライブではなく自分で運転して進みます。
貴重なノクト君の運転風景。

f:id:kukripo:20161223192705j:plain

道中にて、アーデンさん曰く、外が嫌いなので早めに切り上げてトレーラーに泊まろうと言い出します。
え、まだ随分と陽が高いよ進めるよ。しかも、お前と一緒に泊まんの?

f:id:kukripo:20161223192703j:plain

問答無用で泊まることになりました。
ウィーアーオールマン!(by○泉洋)

f:id:kukripo:20161223192706j:plain

翌日、アイテムを補充し、ドライブの再開です。
先日の記事にも触れましたが、カーテスの大皿は帝国軍によって封鎖され、進むことができません。
しかし、アーデンが何かしたらしく通ることができました。そして彼とはここでお別れ。道なりに進みます。

大きな神様とガチンコ勝負

f:id:kukripo:20161223192707j:plain

カーテスの大皿の入り口に到着しました。車をこんな場所に置くのは気がかりでしたが、とりあえず内部に向けて出発でございます。

f:id:kukripo:20161223192708j:plain

f:id:kukripo:20161223192718j:plain

f:id:kukripo:20161223192709j:plain

ほどなくして進むと、見慣れたオブジェが!

f:id:kukripo:20161223192710j:plain

王様の力をゲットしました。
確かここ、封鎖される前は巡礼地だったはずで、こんな無造作に置かれていてよいのだろうか?w

しかし、ここで大きなトラブルが発生します。

f:id:kukripo:20161223192711j:plain

神話の一柱、巨神の登場。
そして巨神によって引き起こされた地震により、イグニスとプロンプトとはぐれてしまい、グラディオラスと二人で奥へと進むことになりました。

f:id:kukripo:20161223192712j:plain

ノクト君の頭痛も頻繁に発生。体の不調は心の余裕をなくします。おまけに仲間とはぐれ、大皿内部もかなり危険な状態。
全てにおいて余裕がないノクト君にとって、グラディオラスの忠告も、ただただ煩わしいだけです。

f:id:kukripo:20161223192713j:plain

f:id:kukripo:20161223192714j:plain

ノクト君のやさぐれた言動に、グラディオラスも堪忍袋の緒が切れたのか、突然のブチ切れ。
ここで選択肢が出るのですが、私はノクト君の現状から見て、王家の人間であるよりも1人の人間であることを選択しました。まあ、怒られるわけですがw
しかし、「叱る」のではなく「怒る」あたり、グラディオラスもまだまだといったところでしょうか。考えてみれば、ノクト君と3つしか違わないですからね。

f:id:kukripo:20161223192715j:plain

突然キレてしまったことをグラディオラスは謝り、ノクト君もさすがに反省して先へと進みます。

そしてついに巨神とご対面。何故か戦う羽目になりました。
途中ではぐれたイグニス、プロンプトと合流。ついでに帝国軍も参戦。帝国軍も巨神を攻撃します。

f:id:kukripo:20161223192719j:plain

巨神を倒すことに成功。ノクト君の力となって姿を消しました。
なんか戦闘はガードとパリィばかりしていたようなw
後は、ファントムソードの召喚で大ダメージを与えて倒した感じです。初見で余裕が全くなかったので、また戦う機会があるといいなw

敵がいなくなったことで、ステージ全体が崩壊するのはお約束。
絶体絶命のノクト君達の前に、帝国軍の飛行船に乗ったアーデンが登場。
実は彼、帝国軍の宰相だったんですね。職質しなくて本当によかったw
ここで死ぬことは当然できず、彼の救助を受け入れて、その場を脱出するノクト君たちなのでした。

次回予告

f:id:kukripo:20161223210136j:plain

アーデンに助けられたノクト君たちですが、予想通り、レガリアがなくなってしまっていました。
レガリアの捜索をシドニーちゃんに任せ、ノクト君たちは、キレイな女の人の言葉にホイホイ従って雷の神様の元へと行くことになったのでした。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました! (´∀`)

保存

保存

★画像の無断転載は禁止します。またブログ内のゲームの画像に関して、著作権は各ゲーム会社に帰属します。