読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くくりぽ。

日々のゲームのあれやこれ、たまに日常を絵日記風に。

chapter3、聖地巡礼へ

f:id:kukripo:20161214002439j:plain

チョコボと一緒にキャンプもできるんだぜ、的な画像で始まりました、FF15どうでしょうっぽいプレイ日記です。
でもチョコボ、ちょっと臭いらしいぜ。

さて、本日も寄り道プレイでございます。
ネタバレはあまりないと思いますが、何か臭ってきたら即退避を。

 聖地巡礼に行こう

発端は、この方の発言でした。

f:id:kukripo:20161214002437j:plain

「ノクト。ここまできたら開き直って、カーテスの大皿に行かねーか?(超訳)」

カーテスの大皿とは、これのことです。

f:id:kukripo:20161214002442j:plain

画像は別のクエストで撮ったもの。前々回の記事の画像にも、画面の端にちょこっと出てきてはいました。
なんでも、隕石「メテオ」が落ちた場所らしく、しかも隕石の真下には「タイタン」という巨神が眠っているとのこと。
そして「タイタン」は、この星の神話にでてくる神様の1柱で、この地方では厚く信仰されているとか。
つまり、カーテスの大皿はこの地における聖地と言えるわけですね。

まずは状況の確認です。

f:id:kukripo:20161214002440j:plain

前回、前々回は、ハンマーヘッドからコルニクス鉱油アルスト支店を経由し、チョコボポスト・ウィズとその周辺にて、わいわいしていました。

f:id:kukripo:20161214002441j:plain

今回はダスカ地方の中心が目的地になります。
ただ、道中のパーキングエリアのラジオで、道路が封鎖されているという情報も聞いていました。
しかし、イグニス君の言うとおり、せっかくここまで来たんだし、行けるところまで行ってみようと、実に軽い気持ちで了承したのでした。
途中でサブクエストを消化しつつ、いざ、カーテスの大皿へ!

f:id:kukripo:20161214002425j:plain

途中、モンスの群れ(右端)の横断に遭遇。

f:id:kukripo:20161214002426j:plain

f:id:kukripo:20161214002424j:plain

全て横断するのを待って、目的地へひた走ります。

ですが、封鎖線の前まで車で行けるかと思いきや、途中でオートドライブができなくなっていました。
まだ朝で時間に余裕もあり、チョコボの操作にも慣れておこうと、チョコボで封鎖線まで行くことにしました。

f:id:kukripo:20161214002430j:plain

整備された道路を疾走するチョコボ。実にシュール。

f:id:kukripo:20161214002431j:plain

しかし、封鎖線に来たら、なんということでしょう、魔導アーマーのお出迎えが!「あーっと、聞いてないなぁ
とりあえず倒したものの、先には進めずにここまで。渋々元の道を引き返します。

f:id:kukripo:20161214002432j:plain

雨が降り出してきました。色々としょっぱいです。
結局この日は、アルスト支店に戻って1泊して終了しました。

f:id:kukripo:20161214002429j:plain

おしまい。

おまけ

f:id:kukripo:20161214002433j:plain

f:id:kukripo:20161214002434j:plain

f:id:kukripo:20161214002436j:plain

f:id:kukripo:20161214002435j:plain

寄り道中の男共の様子でした。

次回予告

f:id:kukripo:20161214002428j:plain

いい加減もうレスタルムの町へ行こう、てな事になった4人。
しかし道中は素晴らしい景観が待ち構え、いちいち進む足を鈍らせるのでした。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

★画像の無断転載は禁止します。またブログ内のゲームの画像に関して、著作権は各ゲーム会社に帰属します。