読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くくりぽ。

日々のゲームのあれやこれ、たまに日常を絵日記風に。

ファイナルファンタジーXV ジャッジメントディスク 感想

 

f:id:kukripo:20161123192653j:plain

今月末に出るビッグタイトルの体験版をプレイしました。
その名も「ファイナルファンタジーXV ジャッジメントディスク」。
せっかくPS4も持っているし、体験版くらいはやってみようかな、そんな軽い気持ちで始めましたが、期待値が低かったせいもあるでしょうが、かなり楽しめました (´∀`)
正直舐めていました。ごめん、タバティス。

今回は、この体験版の感想を、数多の画像とともに綴ろうと思います。
ネタバレはない、というか、しようがないですけど、まっさらな気持ちでやりたいんだという人はご注意を。
それと、画像も含めて結構長いので、のんびり見て下さいw

2枚目になりきれない、コミカルな男4人の旅

主人公である王子ノクティス(通称ノクト、以下この表記で)とオトモ3名(全員男)の旅です。目的はあって、ノクトが隣国の令嬢と結婚するため、その令嬢の元へ向かっているところなのです。
体験版では、ノクトの国が令嬢の住む国に襲われて、父である王様も死んだという報せが届いた所で終わります。
公式サイトで紹介されているストーリーの部分ですね。

で、ホストだの、腐女子御用達だの、女出せだの、色々言われているキャラクターですが、言われるほど悪くはなかったなと。
というか、4人共良い奴らなんですよ。確かに外見や身なりはかっこいいの部類に入るかもですが、言動や所作が良くも悪くも2枚目になりきれない部分があって、意外と親近感が持てました。
まずは、私なりの視点で見た彼らの紹介をば。

f:id:kukripo:20161123192701j:plain

本当にコイツが将来王様になるのか? と思えるくらいに、普通の青年であるノクト。カッコはつけるけど、根っこはシャイでゲーオタの釣りキチです。

f:id:kukripo:20161123192719j:plain

以下オトモ。

ドライバーをしているのがイグニス
参謀役兼ドライバー兼料理人。
色々デキる男です。でもなんか変w

後部席でノクトの隣に座っているのがグラディオラス。
護衛兼アウトドア担当で、力仕事とサバイバルは彼におまかせ。
アウトドア用品はコールマンにこだわっているご様子。

助手席にいるのがプロンプト。
写真を撮る係。なので、彼が被写体になる機会は極めて少ない。
道中の楽しくも賑やかな旅は彼あってこそ。

道中、プロンプトがカメラで写真を撮ってくれるのですが、これが嫉妬するほど出来が良いw
DQ10で、下手の横好きなりに写真撮影大好きだった自分としては、師匠と呼ばざるを得ません。
百聞は一見にしかず、プロンプト氏の撮った画像を御覧ください。
題して、初めてのほにゃらら。

f:id:kukripo:20161123192654j:plain

初めてのガス欠。

f:id:kukripo:20161123192656j:plain

初めてのキャンプ地。

f:id:kukripo:20161123192708j:plain

初めてのキャンプ。

f:id:kukripo:20161123192658j:plain

初めてのフィールド探索。

f:id:kukripo:20161123192659j:plain

初めての車のメンテナンス。

f:id:kukripo:20161123192709j:plain

初めての車のカスタマイズ。

f:id:kukripo:20161123192700j:plain

初めての夕方のバトル。
FF15アクションRPGです。アクション上手くはないけど大好きなので嬉しい (´∀`)
個人的に、槍が使いやすくて好きです。片手剣も使いこなしたいけど、イマイチしっくりこない感じ。

f:id:kukripo:20161123192703j:plain

はじめてのパーキングエリア。

f:id:kukripo:20161123192702j:plain

初めてのリゾート地。

f:id:kukripo:20161123192706j:plain

初めての押し倒され。

f:id:kukripo:20161123192710j:plain

初めてのマッサージ。

f:id:kukripo:20161123192705j:plain

初めてのフレンドリーファイヤー。
FF15の魔法は、威力も種類も様々ですが、味方も容赦なく巻き込みます。
また、魔法を使用した直後は、その範囲内は魔法の影響が残るため、自分が使った魔法で自分がダメージを受けることもあります。
そして火がついて焦げたり、霜がおりたり、雨が降ったら濡れるなど、キャラクターの細かい演出がいいなーと思ったりしました。

f:id:kukripo:20161123192715j:plain

初めての夜の戦闘。
夜は仲間がライトを点けてくれますが、そうしないと本当に真っ暗です。

f:id:kukripo:20161123192716j:plain

初めての全力逃走。
夜は敵が相当に強くなります。
ボムと鉄巨人のコンビに襲われて、火だるまになりつつも逃げる王子兼親友を、情け容赦なく撮る写真家プロンプト氏。マジ写真家。私もあやかりたい ( ̄人 ̄)

他にもこんな写真を撮ったりしています。

f:id:kukripo:20161123192707j:plain

f:id:kukripo:20161123192712j:plain

f:id:kukripo:20161123192713j:plain

ぶっちゃけ、言うほどホストでもなければ、腐女子御用達でもなく、どこか普通の大学生の先輩と後輩が、かっこつけたりアホなことしながら、のんびり旅をしている感じで微笑ましかったです (´∀`)
この体験版以降、どうなるかは不明ですがw

購入の決め手は、旅ができそうだったから

f:id:kukripo:20161123192727j:plain

私が特に気に入ったのは、フィールドや各拠点の探索です。
序盤だけでも、歩いて色んな所に行ける上に、夜は敵の強さがガラリと変わって物凄い緊張感を味わったり、キャンプ地でキャンプして休んだり、釣りあり、トレジャーあり、夜の敵とは別にフィールドに強敵がいたりと、ものすごく冒険をしている気がして楽しかったです (´∀`)

f:id:kukripo:20161123192724j:plain
元々どんなゲームでも探索は大好きです。
DQ10でも、あちこちの僻地をゲーム時間内で3日ほど写真を撮りつつぼんやりしたり、このエリアの果てまで行ってみようとフラフラしたり、フィールドの遺跡や廃墟を見に行っていろんな想像をしたり、町や村では、調度やファブリック、ご飯や台所を観察したり。いわゆる金策、キャラ育成、バトルコンテンツなんかそっちのけで、そんなことばかりしていました。紛れもなく幸せな時間でした。
でも小さな不満はあって、お弁当持って道中の風景を見ながら食べたいなーとか、夜は火を焚いてキャンプ出来たら良いのになーとか思っていました。

f:id:kukripo:20161123192725j:plain

f:id:kukripo:20161123192723j:plain

夢が叶いました! ( ;∀;)
贅沢を言うなら、自分でキャラメイクしたキャラでできたら、もっと嬉しかったことでしょう。
キャンプでの宿泊を選ぶと、イグニスが食材に応じて色んなご飯を作ってくれて、とても便利なバフがつきます。
お金はかかりません。

f:id:kukripo:20161123192722j:plain

f:id:kukripo:20161123192721j:plain

キャンプだけでなく、トレーラーやモーテルに泊まることも可能。
お金はかかるけど、経験値はたくさんもらえます。
こういう選択肢があるのっていいなー (´∀`)

ちなみにDQ10休止数ヶ月前から、回復は基本的に宿屋でしていましたw
ダーマも邪神も超便利ですけど、人多すぎの上に味気なく、住宅村での回復は、土地と家に縛られている感じがたまらなく嫌で、家の中はタンス以外はほぼ片付けていました。

f:id:kukripo:20161123192720j:plain

f:id:kukripo:20161123192718j:plain
住むのではなく、旅がしたい。FF15では、それを叶えてくれるかもしれない。
そう思ったので、ポチった次第です。

まとめ

f:id:kukripo:20161123192717j:plain

これがFFなのか、と言うと私はFFだと思います。
初代から5辺りまではハイファンタジーの世界でしたが、6でローファンタジー路線に切り替わったというのが私の中での認識です。6は私の生涯の大好物であろうスチームパンク風味が、7はそれに加えて、やはり大好物のサイバーパンクな風味も混じった印象。
初代からあるキーアイテム「クリスタル」と、チョコボ、武器や呪文等の固有名詞、そして天野喜孝氏のイメージが共通しているだけで、世界観や背景等は比較的自由なのがFFシリーズだというイメージです。
なので車が出てこようが、車が飛行機になろうが、実在するアウトドア用品のブランド名が出てこようが、特に驚いたりはしませんw

f:id:kukripo:20161123192726j:plain

給油中に、こんなおねいさんが出てくるFFがあってもいいと思うのです。
ちなみにこの娘さんは、シドニーちゃん。車のメンテやカスタマイズをしてくれる、貴重な女性キャラクターです。この画像ではお顔が見えないけど、快活ないい娘さんよー (´∀`)

既存のイメージに囚われず、というか、壊しながら数を重ねてきたFFシリーズ。
この15がどんな世界を見せてくれるのか、とても楽しみです (´∀`)

そしてFF15本編については、ペルソナ5と違って画像がバシバシ撮れるので、プレイ日記っぽいものを書けたらいいなと思っています。
そして、情報公開まで待機するしかないDQ11DQ10については、引き続きのんびり見守っていこうと思います。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました! (´∀`)ノ

★画像の無断転載は禁止します。またブログ内のゲームの画像に関して、著作権は各ゲーム会社に帰属します。